【公式】伊藤忠都市開発の新築分譲マンション「クレヴィア文京根津」東京メトロ千代田線「根津」駅徒歩1分

TOP

ORIGINAL DESIGN
街の文化を継承しながら個性と存在感を創出する、
トラディショナルモダンな建築意匠。
エントランス外観完成予想CG※1.2.3.4エントランス外観完成予想CG

日本の伝統色である『弁柄色』のアクセントウォールにコンクリート打ち放し風のバルコニースラブとガラス手摺を
組み合わせた外観。エントランス周りには憲法色と漆喰色をイメージした市松模様のタイルを
ゲート状に貼り分けた、伝統とモダンが共存する独創的なデザイン。

Facade Design

軽快な水平ラインと洗練された造形美。
その美しい調和が、存在を際立たせる。

Architect Design

都心を中心に数々の集合住宅プロジェクトに参画。外観をはじめ外構、照明計画やインテリア、家具に至るまで幅広く手掛け、都心性を追求した建築デザインを生み出している。
外観完成予想CG外観完成予想CG
※1.2.3.4

Architect Design

都心を中心に数々の集合住宅プロジェクトに参画。外観や外構からインテリア、家具まで、デザインを手掛け、都市性を追求した建築デザインを生み出している。

Color & Material

山の手と下町の間で醸し出す情緒的で独特の雰囲気を持つ根津。その地域性から連想される『弁柄色』『憲法染』『銀鼠』といった日本の伝統色を建物に採用。外観の化粧壁、本体壁面には自然の風合いを生かした、天然の貝、土、石の持つ素材感を融合させた重厚な印象を与える意匠仕上塗装材を2色(弁柄色、憲法染)、それぞれの部位に配色。また、コンクリート打ち放し風の仕上げ(銀鼠)にガラス手摺とテクスチャーの違うマテリアルを組み合わせることで、伝統とモダンが融合した独創的な建築デザインを実現しました。

  • マテリアル素材イメージマテリアル素材イメージ
  • マテリアル素材イメージマテリアル素材イメージ

※掲載の素材イメージは本計画に採用予定の素材です。実際とは色味、質感が異なる場合があります(2018年7月撮影)。採用素材は施工上の都合により、変更になる場合があります。

Comfort Planning

モダンなアクセントタイルやエッジングアートによる、
優雅なエントランス。

自然の風合いを感じさせる左官仕上げをベースに、市松模様のセラミックタイルを組み合わせ、長いアプローチ壁面を構成。
壁面から天井に連続させたエッジングアートのパネルをアクセントに、
伝統とモダンが調和したデザインが、アプローチの奥行きを際立たせるエントランスホール。

エントランスアプローチ完成予想CG※1エントランスアプローチ完成予想CG

Master Plan

通風・採光と開放感、眺望、プライバシーへの配慮など、
快適な居住空間を実現する建物計画。

敷地は不忍通りと南西面の2方道路に接道、建物内には吹抜を設け、開放感と通風・採光に優れた全戸角住戸を実現。上層階は眺望にも恵まれ、共用部はプライバシー性を高める内廊下を採用。駅徒歩1分の立地ながら、落ち着きと高い居住性を備えたレジデンスです。

間取り
1

角住戸率100%・1フロア3邸のゆとり。※5

各フロアの全ての住戸で角住戸を実現。住戸間の独立性を高めるとともに2面採光を確保。風通しの良い快適な住まいを追求しました。
2

建物内に風を取りこむ、心地よい吹抜。

吹抜を設けることでより多くの開口部を確保し、通風に優れた計画としました。
3

2方接道による、建物周囲の開放感。

北東側は不忍通りに面し、最大22m※6の離隔があり開放感が保たれます。南西側は最大4.8m※6の道路に面し、その先には東大キャンパスの緑と落ち着きを感じられる環境が広がります。
4

プライバシー性を高め、上質感を演出する内廊下設計を採用。

共用廊下は高級感のあるホテルライクな内廊下設計を採用。外からの視線を遮り、雨風など天候の影響も受けず快適です。
内廊下完成予想CG※1内廊下完成予想CG
間取り

敷地配置・基準階イメージイラスト※7

凡例

View

北東向き住戸

南西向き住戸

画面をドラックしてご覧ください。

画面をスワイプしてご覧ください。

北東向き住戸では東京スカイツリーや上野恩賜公園が、南西向き住戸では弥生二丁目遺跡や東京大学の緑に癒やされる景色が望め、暮らしを豊かに彩ります。※8

※1.掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたものであり、実際とは異なります。形状の細部、設備機器、配管等は省略または簡略化の上、表現しております。今後、行政指導、施工上の理由等により、計画に変更が生じる場合があります。
※2.植栽は、実際に植樹する植栽と樹形、枝ぶり、葉や色合いが異なる場合があります。また特定の季節の状況を示すものではありません。尚、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。
※3.本マンション敷地外の近隣建物、電柱、標識等は表現しておりません。
※4.本マンションには店舗区画があり、店舗区画には看板設置スペースを設けていますが、本CGにおいては看板、設置用の器具等は表現しておりません。
※5.2階は1フロアに2住戸(一部事業協力者住戸)となります。
※6.2018年7月現在の前面道路の最大幅員の値であり、今後変更となる場合があります。
※7.掲載の敷地配置基準階イメージイラストは計画段階の図面を基に描き起こしたものであり、実際とは異なります。今後、行政指導、施工上の理由等により計画に変更が生じる場合があります。
※8.掲載の眺望写真は、本物件敷地内14階相当(地上約41m)より2018年7月に撮影した写真を一部CG加工の上、連続的に表現されたパノラマ写真です。その為、各住戸からの眺望は異なります。住戸からの眺望は係員にお尋ねください。尚、眺望・環境は変わる可能性があり、将来にわたって保証されるものではありません。